丁寧な一皿に気さくな優しさいっぱい!お箸でいただく創作フレンチ〝Petit Marche’〟

5,000円以上のご購入で送料無料
※離島は別途料金が加算されます。
黒糖のお取り寄せはこちら

f:id:kokutoya:20170524134532j:plain

 レストラン『Petit Marche'(プティ マルシェ)』は、沖縄の情報誌Uchina(ウチナ)の特集記事
『居心地のいいカフェ&レストラン』で見つけたフレンチのお店。
掲載された写真と記事に、マミーおばちゃまの〝食いしん坊アンテナ〟が、ビビッと反応!!

 

平日のお昼前、友人を誘って国際通りにある黒糖屋から平和通りを抜けてお目当ての
プティ マルシェに向かいます。
f:id:kokutoya:20170524134746j:plain

 昔は地元の人達でにぎわう活気のある通りでしたが、今はお土産・物産の店舗がひしめ
き合う通りになっていて、日々変化する通りの景色にびっくりするやら楽しいやらでき
ょろきょろ見渡しながら雑踏の中を抜けていきます。
桜坂通りに向けて曲がり、さらに小さな看板を目印に筋道に入るとぱっと空が開け、ひ
ときわシックな建物、『プティ マルシェ』が目に入ります。

f:id:kokutoya:20170524134833j:plain

ひんやり涼しい店内に入ると大きな窓からきれいに手入れされた中庭と、すぐ向こうに
希望ケ丘公園の木々の新緑が爽やかな風と遊んで揺れている景色が目に入ります。
市場や商店でひしめき合うこの一帯にこんなにゆったりしたお店があるなんて!
初夏のまだ優しい緑の色と、公園を歩く人々を眺めているとこちらの気持ちも穏やかに
なっていきます。
最高の空間です。
思わずにっこりしてしまう店内の雰囲気の良さに、マミーおばちゃまのランチへの期待
も膨らみます!

 

気さくな笑顔が素敵なホールスタッフの直江さんから今日のランチメニューの説明を受
けて、お肉のコースに決定!

 

シェフ自ら公設市場で仕入れた食材で作られたお料理は、地元のお肉やお魚、野菜・果
物を中心に、それぞれの食材の食感や味を活かした繊細で丁寧で手の込んだものばかり。

f:id:kokutoya:20170524135014j:plain

県産トマトとスーパーフルーツトマトの冷製スープ。程よい酸味のあるすっきりしたお味のスープです。初夏にぴったりなガラスのスープ皿も美しい!

 

f:id:kokutoya:20170524135254j:plain

ズッキーニとかぶと海老のミルフィーユ仕立て。
フレンチといってもとても親しみやすい創作フレンチで、色鮮やかでセンスの良い美しい盛りつけなのにとてもシンプルであっさりしたお味。添えられた胚芽のパンも全てシェフの手作り。ほんのり甘くて美味しいハードパンです。最初はそのまま、次にオリーブオイルにつけていただきます。

 

沖縄の食材を本格的なフランス料理の技法を使ってメニューとして表現するなんて、その創作センスと料理の腕に一皿ごとに感動してしまいます。

f:id:kokutoya:20170524135338j:plain

軽く蒸し焼きにしたやんばる若どりとアサリのソースに木の芽のエッセンス。
じっくり蒸されているのでパサつきがなくふっくらジューシーな若どりと、アサリのソースがよく合います。
あまりに美味しくて、残ったソースもパンに浸してすべて完食!

 

f:id:kokutoya:20170524192828j:plain

お友達はお魚のコース。お魚のポワレ、クレメしたドライトマトとニラのシートを添えて。
県産の白身魚の上にニラのシートなんてかなり斬新ですよね?!
ニラ独特の臭みもなく弾力のあるシートとジューシーなお魚は相性ぴったり。

そしてもうひとつ感心したのが、全てのお料理をフォークやナイフを使わずお箸でいただくこと。
スープやデザートにはスプーンを使いますが、それ以外のお料理は食べやすいように盛りつけられ、フレンチならではのマナーにとらわれずにお料理を目と舌でゆっくり楽しめます。

前菜・スープ・メイン・デザート、それぞれのお料理を盛りつけるガラスや陶器の器は、すべて県内の作家さんによるもの。

f:id:kokutoya:20170524134817j:plain
ちなみに店内には、イラストレーターの大城美玲さんの絵や、またまた私の大好きな陶芸家・大嶺實清先生の大皿が飾られていて、料理を待っている間も店内や窓の外の景色が楽しめる贅沢な空間です。店内奥の間仕切りには、沖縄の花ブロックが使われていて、普段なにげに目にする沖縄の生活文化の美しさに気付かされる思いがします。

そして一品一品丁寧にサーブされるのに決してかしこまらず、器の美しさを楽しみなが
ら料理を堪能するスタイルは、どこか和食にも通ずる感じを受けます。
きっと地元の方にも気軽にフランス料理を楽しんでほしいというお店サイドからの配慮
なのでしょうね。

 

f:id:kokutoya:20170524135424j:plain

そして肝心のデザート!!
イチゴのババロアとクリームチーズ、クレソンのソルベを添えて。シャリっと爽やかなクレソンのシャーベットとイチゴ独特の風味がきいた優しい甘さのババロア、そしてクリームチーズの濃厚なコクがいい感じにコラボした大満足の一皿。

 

f:id:kokutoya:20170524135518j:plain

お友達は、しっかり焦がしたほろ苦いキャラメルのムースにバニラアイスクリームを添えて。あまりに美味しそうなのでお互いに一口分づつシェアしていただきます!
苦みのきいたキャラメルのムースとバニラアイスをスプーンで一緒にすくってただくとなんとも上品なハーモニー。大人のデザートですね。

 

f:id:kokutoya:20170524170549j:plain

食後のコーヒーも香り豊かで美味しかった!(カップ&ソーサーも素敵ですよね。)

とっても静かな空間と美味なフレンチ。市場に近い那覇の街の賑わいとは対照的な時間の
流れに仕事も忘れて心地よい気分です。

マミーおばちゃま、今度は素敵な方と一緒にディナーを楽しみたいと思っています。
(次回は、お食事と一緒にフランス産のワインをいただく予定です。楽しみ!!)

 

f:id:kokutoya:20170524171401j:plain

最後に、沖縄の食材を使った創作フレンチを提供してくださったシェフの日野さんと、
終始笑顔でお料理の説明やサーブをしてくれた直江さん。
日野さんは、お店の徒歩圏内にある公設市場で新鮮な食材を仕入れてくるのだそう。
本格フレンチの技を熟知している日野さんだからこそできる、新しい沖縄のフレンチな
のかもしれません。
美味しくて居心地の良いお店には、必ずスタッフのやさしい笑顔があります。
日野さん、直江さん、素敵なランチタイムをありがとうございました。

(なんとこの日は、開店1周年を記念したクッキーまでおみやげにいただきました!!)

 

地元沖縄の方はもちろん、沖縄に遊びにいらっしゃる方にもおススメです。
センス良く心地よい店内に丁寧なサービスと工夫を凝らした美味しいお料理、そして
良心的な価格!
着地点の満足度は100%、すべて100点満点のお店でした。

 

沖縄の食材がこんなにお洒落になるなんて!昔から馴染みの島野菜の魅力を教えてもらった気がします。

常日頃は食材のひとつひとつにはもちろんこだわりながらも、調理自体はいたってシンプルな献立で食を楽しむ私ですが、たまには大切な人とゆっくりコースでお料理を楽しむのもまた違った発見があっていいものですね。

 

 追伸:お酒・フランス産ワインも豊富に取り揃えているそうです。
今回はランチタイムに伺ったうえに午後も仕事があったので、ワインを飲めなかったことだけがちょっと心残りかなぁ〜。まあ、いいか。
なにより地元の食材で美味しい料理をいただける醍醐味!サイコウ〜!!

 

 

Petit Marche’(プティ マルシェ)
沖縄県那覇市牧志3-2-41
ランチ / 11:30〜14:30(L.O)
ディナー/ 18:00〜21:00(L.O)
定休日/火曜日
Tel:098-934-8532

  

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします