新しい発見いっぱい! 若い個性とエネルギーが魅力の浮き島通り散策

5,000円以上のご購入で送料無料
※離島は別途料金が加算されます。
黒糖のお取り寄せはこちら

去った9月18日 日曜日、食が縁でお友達になった今帰仁の金井亮輔くんの奥さま、金井
えりさんの個展を見にお友達と壺屋へ行ってきました。

f:id:kokutoya:20160922214741j:plain

f:id:kokutoya:20160922214830j:plain

個展が開催されているのは壺屋のインテリア+スーベニアショップGARB DOMINGO
(ガーブドミンゴ)。

浮島通りの端にあるGARB DOMINGOは、以前から気になっていたお店でしたが、なに
せ一方通行の細い路地添いにあるお店なので車で通りながらガラス越しにお洒落な店内
を横目で見るだけでなかなか入る機会がなっかったお店でしたので個展はもちろん、シ
ョップをゆっくり見れることも楽しみです。

 

浮島通りは、国際通りとつながる細くて長い商店街ですが、街の喧噪を忘れさせてくれ
る昔ながらのお店と若者が発信する新しいお店がきれいに調和した個性的な路地です。
(道行く人も個性的で、ゆっくり歩いても楽しい通りですよ。)

GARB DOMINGOも期待通り独自の世界観のある心地よい空間を、丁寧につくりあげた
オーナーのこだわりを感じるお店でした。

外の暑さを忘れさせてくれるひんやり涼しい店内には、沖縄の作家さんの作品がその存
在をしっかり主張できるよう配置されていてひとつひとつの作品をゆっくり楽しめます。

中には良く知る作家さんの器もありましたが、配置される空間でこんなにもその作品の
個性が引き立つのかと改めて見入っていましました。

お店のコンセプトとして添えられた『世界各地に散らばった沖縄文化のカケラをひろい集める旅の中継地点のようなお店にしたい』という言葉通りの空間です。

1階のショップをゆっくり楽しんだあと、2階の個展会場へ上がります。

f:id:kokutoya:20160922215301j:plain

壁やテーブルに置かれた金城りえさんの作品は、一目で亜熱帯の沖縄という現実世界か
ら寒い北欧の田舎町へ私を連れて行ってくれます。

寒い土地で家族のために糸を紡ぐお母さんの姿が見えてくるような世界観。

会場には金城亮輔くん、えりさん夫婦がいらしたのでゆっくりお話をうかがいながら作
品を見ました。

普段はご主人と『atelier cafe bar 誠平』を営みながら妻として、母として、料理人として、ディレクターとして活躍する金井えりさんの今回の個展を初めて見た私は、その洗
練された空間にどこか懐かしさを感じました。

初めて目にする作品ばかりなのにどこかほっとするのです。

f:id:kokutoya:20160922214941j:plain
金井亮輔くんと金井えりさん(かなりピンボケですね…。ゴメンナサイ…。) 

f:id:kokutoya:20160922215213j:plain

えりさんの言葉をかりると作品展 ”Alive” は、あらゆるものを一つの生命体であるとし
た有機体論を軸に衣類を紐解き、そのバックグラウンドにある遊牧民族の暮らしのパー
トナーである動植物や環境をひとつの『生きるもの』として捉えなおした触りたくなるオブジェ作品とのこと。

作品それぞれが硬いものと柔らかなもの、直線と曲線という具合に一見相反する素材が
ひとつのオブジェになっていて温もりを感じる奥深いものばかりでした。

これからのご活躍が楽しみです。

GARB DOMINGOさんの1階のお店もえりさんの作品も言葉でどうこう言うことはおこがましいですし、うまく言えないのですがとにかく空間と作品がバランス良く融合していて、そこから発信されるエネルギーに心高まります!

「スゴイ!カッコイイ!ブラボー!!」という感情が私の中にわき上がりそんな若い人
たちを心から応援したい想いでいっぱいになりました。

美は心のヌチグスイ(磨き・ときめき・活力)。たっぷりいただきました。 

f:id:kokutoya:20160922215338j:plain
個展の会期中はGARB DOMINGOさんでも『atelier cafe bar 誠平』のお菓子やジャムも
販売してたので焼き菓子とリリコイバターを購入!

パッションフルーツをベースにしたリリコイバターは、朝食用に、焼き菓子は写真を撮
るのも忘れて一緒に行ったお友達とあっという間に食べてしまいました。(あぁ、きれいなお菓子だったのに…。しっとりやさしい甘さの上品な味でした。) 

f:id:kokutoya:20160922215532j:plain
GARB DOMINGOの展示会場を出て、締めはMAHOU COFFEE(魔法珈琲)へ。

オリジナルブレンドの深入り豆が魅力のカフェで、ここもまた古い建物をセンス良く改
装した居心地の良い空間。

珈琲の香りが漂い木の温もりを感じる清潔な店内は、時間が許すなら何時間でも珈琲を
飲んでゆっくりしていたい居心地のよさ。 

f:id:kokutoya:20160922215855j:plain

初めて入るのでお店の名前でもある『マホウブレンド』をオーダー。

普段は浅煎り派の私ですがMAHOU COFFEEの珈琲は柔らかな深入りで香りが甘く美味
しかった!! 

f:id:kokutoya:20160922220552j:plain
オリジナルの珈琲豆や手作りのスイーツも販売していました。(今日はお菓子をすでに食べてますのでグッと我慢、今度はケーキと珈琲をセットでいただくのもいいかな。)

 

ゲストにこれだけの心地よさを提供するにはその裏にとても大きな苦労とこだわりがあることは、ジャンルは違えど商売をしている私にはすごくよくわかります。

久々に浮き島通りのほんの一部を散策しましたが本当に楽しい一日でした。

何より若い人たちのこだわりとそれぞれの個性・エッセンスが満ち溢れていて、こちら
まで嬉しくなりました。

これからもドンドン若い方の創造と美意識を発信してほしいですね。

楽しみ!!

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

コメント

  1. kame710 より:

    おはようございます。
    とってもステキですね。
    若い方に向けられるマミーおばちゃまの温かい眼差しが強く伝わります。

  2. kokutoya より:

    id:kame710さん
    kameさんありがとうございます。
    若い方の感性に感化されながら進化・深化させて戴いてます。人はいくつなっても熱い想いを体得したい!大切ですね。若い方がドンドン情熱を発信するのは最高の境地です♪
    ささやかですが、エールを贈り続けたいですね!これからもよろしくお願いします。