毎日手軽に少しの量で、体の中から美しく。 水分補給やリフレッシュ時の頼もしい相棒! 黒糖屋の真夏にオススメ4品をご紹介!

今年の夏の沖縄は、戻り梅雨(梅雨明け後に、ふたたび梅雨に戻ったような長雨が続くこと)の長雨と蒸し暑さで身体もぐったり。

これから本番を迎える猛暑対策として、改めてしっか熱中症対策や夏バテ対策を食を通して考えて、暑い夏も楽しく元気に乗り越えたい!と、思うみなさんに黒糖屋おすすめ商品4品をご紹介いたします。

まずは熱中症対策。
マミーおばちゃまも66歳を迎え、出張や外出の多い日でもバテないように自己管理を意識します。

汗をたっぷりかいて、体力の消耗が激しい日には、5分でもいいので小休憩をはさみ、こまめに水分補給しながら一緒に粟国島の塩入りの『塩黒糖』で塩分とミネラルを美味しく補給。

好みのお茶やコーヒーと甘辛い塩黒糖で気分をリフレッシュしながら脳も活性化!

その後の仕事の集中力がグンと上がるので肉体労働の方はもちろんデスクワークの方や家事の合間にもオススメします。

黒糖屋:Google Maps
7,000円以上のご購入で送料無料

移動時にはプチサイズの伊平屋のひとくち黒糖をキープ

日頃から外回りも多いので車中には『伊平屋のひとくち黒糖』をキープ。

日中の暑さからくるだるさにはカルシウムが疲れを癒してくれ、ビタミンB1、B2が頭をスッキリさせてくれるので最適です。サングラスや日傘で強い太陽の光からくるダメージをガードしながら少しの黒糖とたっぷりの水分補給でエネルギーチャージ。

夏の車内は高温で、飴玉などは車内に置いておくと溶けてしまい、パッケージ
からはなれませんよね。しかし黒糖は溶けることもなく暑さにも強いこともまた
魅力のひとつです。

伊平屋のひとくち黒糖は個包装な上、一粒がとても小さいので、ついつい糖分を摂りすぎる心配も少ないですよ。

黒糖には中性脂肪やコレステロールを低下させる作用もあると言われているので賢く健康的にダイエットをしたい人の強い味方になってくれます。

たまのおやつにかき氷やアイスクリームもいいですが、毎日の休憩のおともは粒の黒糖パワーに頼りっぱなし。

夏の外回りの心強い相棒です。

ひとくち黒糖の詳細はこちら

水分補給や食欲を促すには少しの粉黒糖をプラス

そしてなかなか喉の渇きを感じずらくなったお年寄りや、ついつい水分補給を忘れて元気に遊びまわるお子様には『粉黒糖』を使ったレモネードやアイスティーもオススメです。

麦茶やミネラルウオーターでは少量しか飲めないという方でも、ほんのり甘いドリンクなら最後まで飽きずに飲み干してくれる可能性大です。

ご家族に「もう少し水分を摂る習慣をつけてほしいなぁ」と、お困りの方、ぜひ試してみてください。

夏バテ気味の食卓に甘味やコクをプラスして
ヘルシーな食材を使ったごはんのすすむ常備菜づくり。

ドリンク以外にも、煮付けの甘味として、カレーのコク出しとして粉黒糖でいつもの食事をほんの気持ち分濃いめの味付けにしています。

家族の食欲が落ちていたり、お疲れモードの時はご飯のすすむおかずを心がけています。いつもより少し濃い味でも、汗をたっぷりかいて帰ってくる家族には、全く気付かれません。「食欲ないなぁ」なんていいながらごはんを残さず完食してくれたらこっちのものです(笑)。

甕壺で5年以上寝かせた長期熟成くろきび酢は
肥満・便秘改善の強い味方。

そして私は、日常の食生活の中で『くろきび酢』を毎朝コップ1杯の白湯に3~5ml入れてお目覚めドリンクとして活用しています。

ちなみに『くろきび酢』はさとうきび100%のお酢ですが、全く甘くありません。
味で言うと塩味のような辛みとお酢特有の酸っぱ味があるといったかんじです。

酢に含まれる酢酸には、腸内の悪玉菌の増殖を抑えて腸内環境を整え、便通を良くする効果があると言われています。

さらにクエン酸で体内の脂肪をエネルギーに変えて消費し、アミノ酸で脂肪の燃焼を促す効果が期待できますので運動する30分~1時間前に酢を摂取して運動すると最も効率が良いと言われています。

またアミノ酸とクエン酸が疲労回復のスピードを速めてくれる効果期待できるので、運動を取り入れたダイエット時にもオススメです。

奄美大島産:長期熟成くろきび酢の詳細はこちら

酸味と塩味のような辛みが特徴的のくろきび酢は
減塩料理を美味しく仕上げてくれる調味料にも!

長期熟成の良質なくろきび酢は程よい酸味と塩味のような辛みが特徴的ですので、お料理の味付けにもオススメします。

ちなみに他のお酢より塩分も低い(黒酢の1/3、米酢の1/4)ので減塩を意識している方にもいいですよ。

出汁と調味料だけでは少し味つけが物足りないときに、このくろきび酢をスプーン1杯入れるだけで減塩料理のうまみを上げてくれることまちがいナシ!

酸味が味覚や嗅覚を刺激し、唾液や胃液の分泌を促すため、食欲不振の際にも役立ちます。

お酢には食べもの細菌を増やさない効果があるため、肉や魚料理にお酢を加えることで、抗菌効果が高まり、料理をいたみにくくしますのでお弁当や常備食作りにもうってつけ。

本場奄美大島ではお刺身につけて食べたりするそうですから(かつおのたたきにポン酢をまわしかけるようなかんじでしょうかね?酸味が効い
て美味しそう!)、和食はもちろんオリーブオイルや少しの塩やレモン汁、すりおろした玉ねぎなどとくろきび酢を混ぜてオリジナルのドレッシングを作ったりと洋食にもどうぞ。

この夏、水分補給時のおやつからお料理まで、黒糖づくしが私の健康の源になっています。

まさに黒のパワー、ブラックホールではありませんがエネルギーが高いのです。

厳しい夏がまだまだ続きそうですが、バランスの良い食事とたっぷりの水分補給、次の日に疲れを持ち越さないよう無理のないスケジュール(休養を忘れずに)、そして小さなお助け食材、黒糖のパワーでこの夏を乗り切りましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします